クンニリングスが好きな女性は多い


クンニ(クンニリングス)とは舌でクリトリス・大陰唇・小陰唇・膣など女性器を舐めてで愛撫することです。同じ箇所を責められるのでも指よりも舌の方が好きという女性も多いです。

女性にとってクンニは強い性的な快感を得られることはもちろんですが、「舐められて恥ずかしい」という羞恥心が煽られるのと同時に「こんなところまで愛撫してもらえてる」と愛情を感じやすい行為です。

女性誌のセックス特集のアンケートでも男性がクンニをしてくれないことや物足りないことが不満としてあげられることがあります。舐められたいけれど恥ずかしくて求められないという面もあるので、男性側から積極的にクンニして気持ちよくさせてあげましょう。

今までよりも簡単に深くクンニリングスでイカせる方法

舐める順番

クンニをするときにもっとも女性の反応がいいのはクリトリスです。しかしいきなりクリトリスから舐めてはいけません。まずは太ももの付け根から丹念に舐めていきます。

太もも⇒大陰唇⇒小陰唇⇒膣口⇒クリトリスと徐々にもっとも感度が高いクリトリスに近づきながら焦らすように舐めていきましょう。

なお女性の足を開いてアソコが視界に入ったら舌が最初に触れる前に「可愛いよ」とか「きれいだよ」という言葉をかけてあげるとと安心感からクンニの快感に集中しやすくなります。男性でもフェラチオをしてもらうときに「小さい!」とか思われていないか不安な人もいますよね?

クンニでクリトリスを責めるバリエーション

通常クンニに至る前に指で愛撫をしているので最初から皮が剥けている状態から責めはじめます。まずは舌を伸ばして舌先だけがクリに触れるようにしてツンツンとつつくようにしてみたり、上下左右に動かしてみたり、くるくると円運動で刺激を与えてみましょう。

クリトリス周辺から全体を口に含んで舌先でいたぶるように責めるのもおすすめです。いずれの場合も慣れないうちは舌を早く動かすことにはそれほど執着しない方がいいです。早さよりもポイントを捉えて長く同じ刺激ができることの方が優先順位が高いです。

女性がイキそうになったら指のときと同じで同じ刺激を繰り返すことでオーガズムに導きやすくなります。

なおクンニ+乳首責めやクンニ+膣に指を入れてGスポットなどの同時責めは非常に効果的ですが、クンニ自体に不慣れな男性の場合は複数の性感帯を責めるのに気を取られて舌の動きがポイントを外れたり疎かになることがあります。

まずはクンニだけでイカせることができたら同時にいくつかのスポットを責めて連続にイカせるのがおすすめです。

アソコの臭いが気になるときは

なかには女性のアソコの臭いが気になるのでクンニするのが嫌だという人もいると思います。もっともスタンダートな対策はエッチの前にシャワーを浴びてもらうことです。

もしデリケートな話題が通じる関係ならLCラブコスメティックのアイテムを使ってもらうのもいいかもしれません。直接的な臭い対策なら「LCジャムウ・デリケートパック」という商品、さらにクンニをしたくなるデリケートゾーンになってもらうには「メイクラブリップ・カシスレディ」がおすすめです。

どちらもこっそり通販できるものなので自分で買っておいて女性に使ってもらうのもいいかもしれません。かなり効果はあります。

クンニのテクニックを磨くには練習が必要

クンニは女性をイカせるのにとても有効です。しかし普段はクンニをするように舌を動かすことはないので的確な舌使いができるようになるには練習が欠かせません。また舐め続けるために一定時間同じ動きができるように鍛える必要もあります。

そこでクンニが上手くなりたい方におすすめの動画が森林原人のプロセックスマスター講座です。このなかの「森のさえずり」というクンニテクニックのパートはマスターすればほとんどの女性をクンニで深くイカせられるようになるでしょう。講座ではクンニ以外のセックステクニックも解説されていてかなり役立ちます。

当たり前ですが女性にとってもアソコに顔を埋められて舐められるのはとても恥ずかしいことです。クンニでオーガズムを感じると「こんなに恥ずかしいのにイっちゃた」という感覚になります。なかにはクンニでイカされたことをきっかけに従順になったりエッチに積極的になる女性もいます。

また女性が男性のセックスを評価するときに「舐め方の上手い・下手」は話題に上がりやすいです。クンニに苦手意識がある人はもちろんさらにテクニックを磨きたい人も動画講座は見ておくと女性から評価が高まるでしょう。

プロセックスマスター講座の詳細はこちら

このページの先頭へ