クンニ テクニック

クンニリングスは指より気持ちいい

クンニ(クンニリングス)は女性にとって「舐められて恥ずかしい」という羞恥心が煽られるのと同時に「こんなところまで愛撫してもらえてる」と愛情を感じやすい行為です。そして何より“気持ちがよくておかしくなりそう”になるものです。

クンニはクリトリス・大陰唇・小陰唇・膣など女性器を舌で愛撫するわけですが、舌のソフトでザラザラした感触がたまらなくて指の愛撫よりも気持ちいいという声も多いです。

女性側としては舐められたいけれど恥ずかしくて求められないということもよくあるので、男性側から積極的にクンニして気持ちよくさせてあげましょう。


周りから責める

クンニといってもいきなりクリトリスを舐めてはいけません。まずは太ももの付け根から丹念に舐めあげていきましょう。

なお女性の足を開いて舌が最初に触れる前に「可愛いよ」とか「きれいだよ」という言葉をかけると安心感から恥ずかしくてクンニの快感に集中できないということがなくなります。

クンニでも一番感じるとこが一番最後なのが鉄則です。太もも⇒大陰唇⇒小陰唇⇒膣口⇒クリトリスと徐々にもっとも感度が高いクリトリスに向けて焦らすように舐めていきましょう。


クンニのバリエーション

クンニをするときは指のときとは違いクリトリスの皮は剥いてしまって直接刺激します。まずは舌を伸ばして舌先だけが女性器に触れるようにしてツンツンとつつくようにしてみたり、上下左右に動かしてみたり、くるくると円運動で刺激を与えていきます。

それからクリトリス全体を口に含んで吸いながら舌先でいたぶるように責めるのもおすすめです。クンニだけでも十分に快感を与えられますが、乳首やGスポットなどの性感帯を同時に愛撫すると女性の快感が一層高まることはいうまでもありません。

女性が感じるセックスへの不満に「クンニしてくれない・短い」ということがよくあります。シャワーと浴びたあとな清潔な状態など女性も抵抗が少なくなりますので、積極的にクンニしましょう。


クンニでイカせるには練習が必要

クンニされるのは恥ずかしい分だけ、クンニでオーガズムを感じると「こんなに恥ずかしいのにイっちゃた」という感覚になります。なかにはクンニでイカされたことをきっかけに従順になったりエッチに積極的になる女性もいます。

ところが普段はクンニのような舌の動かし方をしないので、自由自在な舌使いができるようになるには練習が必要です。またクンニで女性をイカせるのには一定の時間がかかるので同じ動きが続けられるように鍛える必要もあります。

そこでおすすめしたいのが「オンライン・クンニ道場」です。名前からして怪しいですが、内容はクンニのテクニックを解説した真面目な動画サービスです。舌の使い方はもちろん“クンニで女性をイカせる”方法の全てが学べます。

《管理人も見ました》クンニで女性をイカせる全てがわかる動画