クリトリスへの愛撫のテクニック・女性をイカせる責め方

クリトリス(陰核)は最大の性感帯だ。ほとんどの女性はクリトリスへの刺激でオーガズムに達することができる。セックスで女性に性的な快感を与えられるかどうかはクリトリスをいかに適切に愛撫できるか?にかかっている。

クリトリスを愛撫されている女性
写真のモデル こみつ(22歳 大学生)
このページの目次

クリトリスの場所はどこ?位置は?どんな形?

女性器の図

上図の陰核亀頭の少し飛び出ている突起がクリトリスだ。大きさは概ね5〜7ミリくらい、色は濃いめのピンク色だ。包皮に隠れていて飛び出てないこともよくある。

もちろん男のペニスにも個人差があるように、クリトリスの形、大きさ、色にも個人差があることを覚えておこう。

クリトリスを責めているつもりが、実はずれているということはよくある。検討違いなところばかり触っていると「下手くそ」な印象を与えてしまう。上手に愛撫できるように準備しよう。

クリトリスへの愛撫テクニック

指でクリトリスを愛撫するときのテクニックを説明していく。

クリトリスを責めるのは感度が高まってから

前提としてクリトリスを責めるのはキスや前戯で女性の気分が高まってから。クリトリスのような敏感な性感帯は準備ができていないまま刺激されると不快だ。すぐに乳首やクリトリスばかり触ろうとするのはマイナスになる。

ソフトタッチが大前提

女性への愛撫はソフトタッチが基本となるが、なかでもクリトリスを責めるときな強く意識したい。クリトリスそんなつもりはなくても力が入りがちになるので注意が必要だ。

男の感覚では「こんなに弱い刺激でいいの?」と思えるくらいの方が女性にとってはちょうどいい。自信がないうちは「痛くない?」と聞いてもOKだ。

クリトリスを愛撫するときの指の動かし方

クリトリスを愛撫するときの指の動きは、シンプル⇒バリエーション⇒シンプルのパターンがおすすめだ。

最初はシンプルに下から上にクリトリスを擦る動きを繰り返していこう。このときの下から上への動きは0.5秒から1秒の間くらいが目安だ。

すごく濡れてきたり喘ぎ声が大きくなってきたら、円を描く・上下に擦る・軽くタップするなどランダムな動きで責める。このときも強く触るのではなく指を動きの速さを変えることで変化をつける。

さらに女性がはっきりと感じてきたら再びシンプルな動きに戻る。オーガズムが近くなるほど単調な動きを繰り返された方がイキやすいからだ。

イクまでの時間は個人差がある。また、同じ女性でも体調によって異なる。根気よく愛撫を続けよう。

隠れていれば包皮の上から

クリトリスが包皮で隠れているときは、まずは包皮の上から愛撫した方がいい。最初から包皮を剥くと痛みが強い可能性がある。包皮を剥くのは十分に感じて刺激になれてからにしよう。

ほどよく愛液を指に絡める

クリトリスに触れる前に女性の愛液(濡れたアソコの水分)を指に絡めておけば刺激がソフトになる。

また、愛液を絡める動き自体で「濡れている」ことを実感して羞恥心が煽られて感度が高まる女性もいる。

クリトリス+αの同時責め

クリトリスは片手で愛撫できるので、もう片方の手や口は空いている。そのためクリトリス+αの同時責めがやりやすい。

クリトリスと乳首の同時責め

例えば女性を腕枕しなが、右手でクリトリス責め+左手で反対側の乳首責め+口で耳や首筋を舐めなどだ。もちろんクリ+両乳首責めや首筋を舐める代わりにディープキスをするなどいろいろなバリエーションがある。

クリトリスとGスポットの同時責め

もちろんGスポットとクリトリスを同時に愛撫するのもありだ。この場合は右手はGスポットで左手はクリトリスを責める、といったように両手を使うのがやりやすい。このパターンは、中指でGスポットを責めながら親指はクリトリスを責めるといったように片手でも可能だが指使いの難易度は高くなる。

挿入しながらクリトリスを責める

前戯としての愛撫ではなくなるが、挿入しながらクリトリスをいじるのも効果的だ。正常位の場合なら親指を軽く添えて回転させる、バックなら手を回して後ろから擦りあげる、など体位によっていろいろと考えられる。

クリトリスの愛撫についてよくある誤解

いつもエロい反応をするとは限らない

アダルトビデオなどの影響でクリトリスを少し触るだけで女性の性感が一気に高まって喘ぎ声をだしビクビク感じると勘違いしている人がたまにいる。もちろん誤解だ。

性的な刺激に対する反応は千差万別。クリトリスを刺激されても喘ぎ声が出ない、少し呼吸が乱れるくらいでイク直前に「あっああ〜」と声が出る、最初から腰が浮いたり腹部が痙攣するなど、いろいろな女性がいる。

クリトリスの刺激への反応は個人差が大きい

クリトリス自体も性的な興奮が高まると男性のペニスと同じように充血して勃起する。コリコリしたりぷっくりふくれたように変化するのがクリトリスの勃起だ。ペニスの勃起力が違うように、クリトリスの刺激に対する反応にも個人差が大きい。

通常クリトリスの快感はオーガズムに向かって徐々に蓄積されていくものだ。最悪なのは感じ方が自分のイメージと違うからと言って不必要に強く刺激してしまうこと。最初から期待したような反応がなくても焦らずに愛撫を続けることが大切だ。

クリトリスの愛撫をマスターするには?

クリトリスはとても奥が深い性感帯だ。

愛撫のテクニックを極めれば、

  • 短い時間で一気にイカせること
  • 時間をかけて深くイカせること

が自由自在に調整できるようになる。さらに、これまでよりもあなたのパートナーのクリトリスの感度自体を高めることも可能だ。

その方法を学ぶのに最適なのは「クリトリス愛撫マスタープログラム」という動画教材だ。クリトリスだけに特化した教材なので深く学べる。

あなたがクリトリスの愛撫を極めたいなら見ておくべきだろう。

クリトリス愛撫マスタープログラムのレビューはこちら