胸や乳首の責め方・愛撫のテクニック

胸を揉まれている女性

男はおっぱい大好きな“おっぱい星人”だらけなのでいきなり強く胸を揉んだり乳首を転がしたがる傾向がある。当たり前だがバストに限らず性的な敏感な場所をいきなり強い刺激で責めるのはNGだ。女性を感じさせる胸や乳首への愛撫テクニックは下記の動画教材が充実している。おっぱい好きな人は参考にすれば今まで以上に快感を与えられるようになる。


胸への愛撫テクニックが充実している動画教材


正しい教科書

テクニック11〜12で胸への愛撫を解説。興奮を高めていく乳房への愛撫と、重要な性感帯である乳首責めで女性を翻弄する4パターンのテクニックを学べる。

正しい教科書で胸の愛撫テクニックを学ぶ
快感制覇

一般女性のファンも多い人気AV男優シミケンによる動画教材。こちらも総合的にセックスについて学べる。胸の愛撫については、chapter9の「おっぱいをクリトリス並みに敏感な性感帯へと変貌させる焦らしテクニックとは?」のパートで解説されている。

快感制覇で胸への愛撫テクニックを学ぶ


胸や乳首の責め方・愛撫テクニックに関するコラム

揉むというより撫でるイメージ

ここからは服を脱がしブラジャーを外して胸が露出していると仮定したときのコメントだ。最初は揉むというよりも手を大きめに広げて指先で撫でるようにして外側から徐々に乳首に乳首に向かうようなイメージで愛撫する。胸の下側や横側のバストにつながる皮膚の薄い箇所は乳房の柔らかいところよりも感じやすいので忘れずに責めること。

乳房は感じない

経験が少ない男やセックスが下手な男は「おっぱいを揉まれると女性は感じる」と勘違いしている。しかし乳首以外の乳房自体は脂肪がほとんどなので刺激を受けても性的な快感は得にくい。それでも胸を揉まれただけで喘ぎ声を出す女性がいることも事実だ。これは大袈裟に演技をしているか、胸を揉まれているというシチュエーションや雰囲気に反応しているのだ。

このことからもエッチで女性を感じさせるには、いかにムードを高めたり女性の妄想をかきたてる精神面へのアプローチが大切かわかるだろう。

そのためアダルトビデオのように強く胸を揉むのは基本的に意味がない。撫でるように愛撫したあとは胸全体を持ち上げるように柔らかい感触を確かめるようにやさしく揉みあげる。これは感じさせるというよりも、女性の象徴的な部位であるバスト全体を丁寧に扱うことで信頼感や安心感を伝えるためだ。

乳首責め

乳首やクリトリスのように触るとすぐに反応があるような鋭敏な性感帯はすぐに触れない方がいい。乳房全体を充分に愛撫して女性の気持ちが高めてから乳首への愛撫に移行すべきだ。このときもいきなり乳首を擦るのではなく乳輪を指や舌で円を描くように触ってさらに焦らしたあとに乳首責めを開始する。もちろん不意打ちのように乳首を触れたりする責め方もあるが、基本は焦らした方が女性の快感は深くなる。

乳首も適当に愛撫するのではなく、下から上に舐めあげたり、指ではなく手のひらで上から転がすようにしたり、指で挟むようにしたりと単調にならないようにバリエーションをつけるが効果的だ。

なかにはクリトリスは責められていなくても、乳首を中心とした刺激だけでオーガズムに達する女性もいる。巧みな責めで彼女や奥さんの乳首の感度を開発しよう。

なお都市伝説のように貧乳の方が胸で感じやすいという話があるが科学的に証明されている事実はない。どんなバストの女性でも愛情と一定のテクニックをもって愛撫されれば性的な快感を得られるものだ。

胸の形やブラジャーを褒める

オーソドックスなエッチの流れではブラジャーは最初に見る下着だ。服を脱がしてブラジャーだけにさせたら褒めるべきだ。男が思っている以上に女性は下着にこだわりがある。「下着可愛いね」などと軽く一言かけるだけで女性の気持ちは全然違う。

なおブラジャーによってはホックが外しにくい場合があるが、無理に片手で外そうとする必要はない。堂々と後ろから両手で外したり、女性にどうやって外すのか聞いても構わない。もっともよくないのはホックが外れなくて慌てている態度が女性に伝わってしまうことだ。セックス中も余裕がない男の印象は悪くなるだけだ。

そしてブラジャーを外したら「胸がきれいだね」と褒めるべきだ。胸は女性がコンプレックスを持ちやすくエッチ以外では他人に直接見せる機会がないパーツだ。特に最初は「胸が小さいと思われていないか?」「形が悪いと思われていないか?」などと思うものだ。

そこで一言あると安心して身を委ねやすくなる。なお大きさは非常にセンシティブなので「胸がきれい」ということに言及にするのがもっとも無難である。

セックスのやり方やテクニックは文章よりも動画で学んだ方がはるかに効率がいい。評判が良く費用対効果が高い動画は別のページで紹介しているでご覧頂きたい。どの動画を見てもこの記事よりも100倍役立つことを保証する。胸への愛撫テクニックが充実している動画はこちら