セックスのとき勃起力を高める方法

対面座位のセックス

セックスは女性のヴァギナ(膣)に男性のペニスを挿入して成立する。そのためにはペニスが十分に勃起している必要がある。テクニックが未熟な男性でも勃起さえしていればセックスはできる。しかし勃たないことには何もはじまりまらない。

勃起力不足はED(勃起障害)の問題と同じだ。人よって

  • 性欲はあっても勃起しない
  • 行為の途中で萎えてしまう(中折れ)
  • 十分な硬さにならない

などいくつかパターンがあるが、いずれもセックスをする男女の間において非常に深刻な問題だ。率直に言えば勃起に問題があるなら女性をイカせるエッチのテクニックを学ぶより前に勃起力を高める方法を学ぶだ。

今すぐ勃起力を高める方法を知りたい人はこちら

勃起力不足を女性はどう思っているのか?

セックスの途中で男性器が期待されるような反応を示さないのは女性にとっても悲しいことだ。自分に女としての魅力が足りないと落ち込むこともある。

もっと重大なのは勃起しないことであなたの男としての価値を低くなることだ。あからさまに言葉にされることは稀だろうが、セックスは本来生殖のために行うことなので勃起せず射精もできない男に女性の本能がマイナスの反応をするのは自然なことだろう。

もし今あなたのセックスする相手が「疲れているからだよ」「前戯でイケたからら」「抱き合っているだけで幸せ」などと優しい言葉をかけてくれてもいつまでもそれに甘えるのは危険だ。勃起力不足は遠くない未来に彼女や妻との関係を狂わせる可能性がある。

現実に思うように勃起しなくなってセックスレスになった、女性の態度がよそよそしくなった、浮気されたという例はたくさんある。

勃起力をバイアグラで高めるメリット・デメリット

最近はED(勃起障害)という言葉はよく知られるようになりました。現在では泌尿器科や美容外科などでバイアグラやレビトラ・シアリスなどの治療薬が処方されている。

確かにこれらの薬は体質に合えば勃起力を高めるメリットがあるが、死亡例もある副作用の懸念・健康保険が効かない自由診療のため経済的負担が大きい・そもそも病院に行くのが恥ずかしいというデメリットもある。また薬以外にも患部に衝撃波を与えることで血管を再生する体外衝撃波治療法や陰茎プロステーシス移植手術などもある。こちも高額な費用や複数のリスクがある。

いくつかデメリットがありながらもED(勃起障害)に対する医学的なアプローチも増えているので近くに信頼できる医療機関があれば相談に行くものよいだろう。

もしできるだけ薬には頼りたくない、受診する前に自分なりに出来ることはやっておきたいということなら徳田式勃起力回復法をおすすめする。世界最高齢のAV男優が簡単なトレーニングや食事の工夫などで自律神経の働きを整えて勃起力を高める方法を動画で詳細に解説したものだ。

動画はパソコンやスマートフォンでに視聴できるので彼女や家族にばれることもない。実践した人は平均15日程度で何らかの効果を感じているようなのでまず15日動画の内容を試してみよう。薬に頼るのはそれからでも遅くはないだろう。

徳田式勃起力回復法の詳細はこちら